×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名探偵コナン(TV)第1話
大豪邸。車イスに載った主人「いい加減にしてくれませんか
目暮警部!これだけのお客様をいつまで足止めしておくんです
あなた方の実りの無い捜査にこれ以上付き合ってる暇は無いんだ」
目暮「まぁまぁご主人、仮にもあなたのパーティーの招待客である
やつびし銀行の山崎頭取が被害に合われたんですから..
もう暫くのご辛抱を」「この中に犯人がいるとでも言うのかね?」

「その通りです」と新一が登場。「部屋は中から鍵をかけられ密室
犯人は3階の隣の窓から侵入し窓から出ていった。窓の下に
足跡が無く、状況が全て内部の者の犯行で有る事を示しています」
主人「馬鹿な、あそこは隣の窓でも10メートルは有るんだ
飛び移るのは無理だ!」新一「隣の窓でも屋根のふちから伝って
いけば、山崎氏の部屋の窓まで残り2メートルも有りませんよ」
主人「フン、ガキの推理だな。帰りはどうする?ベランダから
2メートルも有る10センチばかりの屋根のふちに飛び移れる訳が無い」
新一「犯人は隣の部屋を出る時結び付けたロープを持って行きました。
帰りはベランダに固定したロープを伝って戻ったんです」
目暮「しかしベランダに固定したロープはどうやって外したんだね」
新一「簡単な事ですよ、目暮警部。ロープの先に棒を結びつけて
ベランダに引っ掛け、ゆるめると何無くはずれます。
ベランダを調べて下さい、ロープを固定した時の傷が見つかる筈です」
目暮「だが山崎氏は何故、密室状態であの部屋に?」
新一「おそらく内密の話が有るとでも言って、内側から鍵をかけて
待つ様、犯人が指示したんでしょう」
主人「ごたくはもう沢山だ!一体誰かね!私の親友山崎を殺したのは?」
新一「この家の構造を知り、あの時間に誰にも怪しまれずに
家中を歩き回れた人物はただ一人。それは..」目暮「それは?」
新一「ご主人、あなたです!!」
車椅子に乗った主人「冗談はよしたまえ、第一わしの足はまだ..」
新一「真実はいつも1つ!」近くの地球儀を主人に投げる。
とっさに立ち上がりよける主人。メイド「だ、だんな様?」
主人「しまった!」新一「あんたの足は三ヶ月前に治ってんだよ!
そうですよね目暮警部」「観念しろ、お前の主治医が全てはいたぞ!
それに親友である山崎氏とは、金の事でもめていた事も確認は取ってある」
逃げ出す主人に「逃がすか!」と地球儀をけり「ゴール!」と頭に命中。
外、捕まる主人。目暮「いや〜!また君の力を借りてしまったな工藤君!
いつもいつもすまんのう」新一「いえいえ、
また難事件が有ればこの名探偵、工藤新一にご依頼を!」

(タイトル第1話)「ジェットコースター殺人事件」

新一の家。寝てると突然爆発音、「何だ!?」窓を開けると
隣の家の壁が崩れている。「いい加減にしてくれよ阿笠博士!」
阿笠「いや、お前を起こそうと思ってな。目覚まし時計よりは
確実に起きるじゃろ」「全く..」新一の家に来た阿笠博士。
「いつ見ても凄い本だなぁ。まこれだけの本を読んだからお前の
父上は世界的なミステリー作家になれたんだ」怪我の手当てを
してる新一「動かないでよ博士」「おお悪い」「今度は何を
実験してたの?」「いいか誰にも話してはならん!わしと新一
だけの秘密だぞ?こいつはな、個人用移動ロケットだ。完成すれば
交通渋滞は解消されワシは大金持ちになれる(笑)」スイッチを
押すと吹き飛んで本棚にぶつかり落ちる。新一「駄目だごりゃ」

毛利探偵事務所。毛利が新一の活躍した新聞記事を叩く。
毛利「くっそー!このやろ、このやろ、このやろー!!あ痛たー」
蘭「いい加減にしたら、お父さん?」「高校生のくせに
探偵なんてするから俺の仕事が減っちまうんだ!」「しょうがない
じゃない、新一は優秀なんだから」「こっちは生活がかかってるんだ」
「行ってきまーす」と新聞を破る父を無視して出かける蘭。

外のテレビ屋のテレビ「名探偵工藤新一、平成のシャーロック
ホームズ!まさに彼こそ日本政府の救世主といえましょう!」
女子高生「格好良いよね工藤新一」「私ラブレター書いちゃおうかな」
それを聞いてにやける新一に柔道着が飛んで来る
蘭「バッカみたい、ヘラヘラしちゃって」「なーに怒ってんだよ蘭」
「別にー!新一が活躍してるせいで私のお父さんの仕事が減ってる
からって怒ってなんかいませんよーだ」「お父さんに仕事が来ないのは
俺のせいじゃなくて、腕のせいだと..」「オッホッホ」
電柱にパンチ!ヒビを入れる蘭「だから怒って無いって言ってるでしょ」
新一「さすが空手部主将..」

高校。サッカーボールが落ちてるのを蹴って校庭のゴールに入れる新一
蘭「サッカー部辞めてなかったら今頃は国立のヒーローになれたのに」
新一「サッカーは探偵に必要な運動神経を付ける為にやってただけだよ
ほら、ホームズだって剣術をやってたし」「小説でしょ?あれは」
「でも皆が知ってる名探偵さ。彼は凄いよ、いかなる時でも冷静沈着
溢れる知性と教養、鋭い観察力と推理力は天下一品!おまけに
バイオリンの腕は一級なんだ!小説家コナンドイルが生み出した
シャーロックホームズは世界最高の名探偵だよ!」
蘭「そんなに好きならお父さんみたいに小説家になれば良いじゃない」
新一「俺は探偵を書きたいんじゃ無くて探偵になりたいんだ!
平成のシャーロックホームズにな!策を労した犯人を追い詰める時の
あのスリル!あの快感!1度やったら辞められねーぜ、探偵はよ
ホラ見ろよこのファンレター!もてるんだぜ探偵は」
「女の子にデレデレするのは良いけどちゃんと本命1本に絞りなさいよ」
「本命か..」「何よ、人の顔ジロジロ見ちゃって」「あ、別に!
早く行かないと授業始まるぞ」「あ、ちょっと!」「ん?」
「明日の約束、忘れて無いでしょうね?」「約束?」
「言ったじゃないのー!私が空手で都大会に優勝したらトロピカルランドに
連れていってくれるって!」キックをかわす新一。スカートが顔に
「H!」殴り倒す。「お、覚えてまーす」と新一

トロピカルランド。3人組の子供がいる。歩美「超面白かったね」
光彦「超心臓に悪い!」元太「もう帰ろうぜ」歩美「元太君も
体は大きいくせに怖がりなんだから!でもミステリーコースターなら
大丈夫でしょ」光彦「歩美ちゃん僕達帰りの交通費しか残ってませんよ」
歩美「平気平気!あたしに任せなさいって!」

蘭「ホラホラ新一!ミステリーコースターすいてるよ!」
新一「?」3人組が横の隙間から入っているのを見かける。
新一「アイツらただで潜り込むつもりだな..ったく最近のガキは」

コースターに並ぶ。新一「ホームズの凄い所はな、助手のワトソンに
初めて会った時、握手しただけで彼が軍医としてアフガンに行って
いた事を見抜いたって事なんだ!こんな風にね」前の女性の手を握る
「あなた、体操部に入ってますね」女性「え?どうしてそれを」
「知り合いなの?ひとみ」新一「彼女の手のマメさ。女の人でこんなに
手にマメが出来るのは鉄棒をやってる人位だからね」蘭「でも
テニスやっててもマメ位」「本当はさっきこの人のスカートが風で
めくれた時に見ちゃったのさ、段違い平行棒の経験者が足の付けねに
出来る独特のアザをな」蘭「最初っから知ってたなんてインチキよ!
..いつまで手を握ってる気?」新一「ん?ああそっか(放す)」
男「コラ!俺のダチにちょっかい出してんじゃねーぞ!」
新一「お友達ですか、何なら列を変わってあげましょうか?」
女「あ、いいわよ別に」「それに愛子と岸田訓君の邪魔しちゃ
悪いし」蘭「新一!ホラ前が空いたよ!」「おお」

元太「これからどうするんだよ」歩美「このまま乗る列に並んじゃえば
良いのよ」光彦「どっちですか列って」「それを捜してるんでしょ」

新一達がジェットコースターに乗り込む。
新一「それでな、その時ホームズは」黒ずくめの男が
「どけどけ俺達が先だ」とコースターに乗り込んで来る。
新一「分かるか?コナンドイルはきっとこい言いたかったんだ!
ホームズって奴は」蘭「いい加減にしてよ!!ホームズだの
コナンドイルって、この推理おたく!はあ..私は新一と来るのずっと
楽しみにしてたのにさ..どうして私の気持ちに気付いてくれないの」
「あ..蘭..実は俺も」「バーカ!何あせってんのよ嘘に決まってんでしょ
こんな手に引っ掛かるようじゃ探偵は勤まんないわよ?」「くそ」
コースターが動く。蘭「でもね、楽しみにしてたのは本当だよ」
凄い勢いで落ちるコースター。新一は全然平気。トンネルに入ると
水滴が額に飛んで来る。トンネルの中にいた歩美達の前に何かが
落ちる。元太「何だ今の!早くここを出ようぜ」「何これ」と
歩美が真珠を拾う。トンネルから出ると新一の後ろの男性の
首が無い!叫ぶ女性、パトカーが来る。

トンネル内。光彦「うわあパトカーですよあの音」新一「ちょっと
君達」光彦「僕達ただで入ってません!」歩美「あ!お兄ちゃん
もしかして高校生探偵の」新一「工藤新一さ」

恋人「ど、どうして岸田君が」ウォッカ「ただの事故に付き合ってる
ヒマは無い!もう帰らせてくれ」新一「違う!これは殺人だ!
そして犯人は被害者と一緒にコースターに乗った七人の中にいる」
蘭「もう新一どこに行ってたのよ」目暮警部「今言った事は
本当かね工藤君?」ジン「何?工藤」客「おおあれが有名な
高校生探偵の工藤新一か」「日本警察の救世主!」
ウォッカ「こいつが工藤か」目暮「つまり君と蘭君をとりあえず
除外して考えると、容疑者は五人。1列目に乗っていた被害者の
友人Aと同じくB、被害者と同じ3列目に乗っていた被害者の
友人でもあり恋人でも有るC、そして被害者の後ろに乗っていた
黒ずくめの男、DとE。でもそうなると全員セーフティガードをして
いたのだから殺害出来たのは被害者の隣に座っていた
あの女性だけという事になるが」ウォッカ「オイ早くしてくれ
俺達は探偵ごっこに付き合ってるヒマは無いんだぜ!」
新一(何だ?こいつの氷りつく様な目は?平気で何人も殺してきた
様な目だ。こいつは一体?)警官「警部!この女性(恋人)の
バッグの中から包丁が」恋人「嘘!私知らないわよこんな物」
友人B「愛子..岸田君とは上手くいってると思ったのに何で」
恋人「ち、違う私じゃ無い!」ウォッカ「犯人はその女で決まりだ
俺達は帰らせてもらうぜ!」目暮「よしその女性を容疑者として
連行しろ!」新一「待って下さい警部、犯人はその人じゃ有りません」
目暮「ええ?じゃあ誰が?」「真実はいつも1つ。犯人はあなただ!」

CM後。新一は友人B(体操部員の女性)を指さす。
友人B「な、何言ってんのよ!刃物は愛子のバッグから..」
新一「あんな物で人間の首を切断出来ませんよ。それも女性の力ではね
あなたは愛子さんに罪をなする付ける為に、あらかじめ彼女のバッグに入れて
おいたんだ」目暮「しかし彼女はコースターの一番前に座っていたんだ
無理じゃないのかね」「いやコースターのスピードとピアノ線か
鋼鉄の輪を利用すれば可能です」再現する。
新一「いいですが皆さん、僕が犯人で目暮警部が被害者ですよ!まず
セフティガードを下ろす前にバッグの様な物を背中に挟み込みガードを
下ろす。するとホラ、隙間が出来て簡単に抜けられる。次に
あらかじめ用意しておいた鋼鉄の輪にフックの様な機具を取り付けた
物を取り出す。それでガードに足をかけ体を伸し、被害者の首に
かける!もちろん真っ暗な中でね。仕上げにレールにフックを
引っ掛ける!後はコースターの走るスピードとパワーが首を
吹っ飛ばしてくれる。体操をやっているあなたならコースターの
上でもこれ位の事は出来るハズだ」犯人「でたらめよ!何を証拠に」
新一「ネックレスはどうしました?乗る前に付けていた真珠の
ネックレスですよ。これじゃ無いですか?もう1つはその涙です。
あなたは被害者が死ぬのを知っていた、だからだから殺す前に
涙を流した。あなたの目の横についた涙の跡、コースターにでも
乗らない限り涙は横に流れないんですよ。」犯人「皆あの人が
悪いのよ!あの人が私を捨てるから!」友人A「瞳あなた岸田君と
付き合ってたの?」犯人「そうよ!大学であなた達と会うずっと
前から!だから初めてデートした場所で..あの人からもらった
ネックレスであの人を殺し死のうと思っていたの。うっうっう」

夜。新一「おいもう泣くなよ」蘭「あんたはよく平気でいられるわね」
「俺は現場で見慣れてるから、バラバラなやつとか」「最低!」
「早く忘れた方が良いよー、よく有る事だから」「無いわよこんな事」
ジンが走っていくのを見つける新一。(あれは..コースターで乗っていた
黒ずくめの男の1人..)「ごめん蘭、先に帰っててくれ!」
「あ、ちょっと(靴紐が切れる)」「すぐに追い付くからよ」
「行っちゃう..(その時私は何故かそんな予感がした。新一にもう
これっきり会えない様な嫌な予感が..)」

遊園地のどこかに黒ずくめの男(ジン)が登場「待たせたな、社長さんよ」
社長「遅いじゃないか!2時間も待ったんだぞ!約束通り1人で来た」
ジン「知ってるさ、コースターの上から確かめさせてもらったからな」
社長「早く例の物を」「あせるなよ!金が先だ」「ホラこれで文句
あるまい?」影で見てた新一(すげえ、1億はあるぞ)
ジン「取り引きは成立だ」社長「早くフィルムをくれ」「お前の会社が
拳銃を密輸してる証拠フィルムか?ホラよ」「フィルムはこれだけ
だろうな?」「もちろんだ」去る社長。新一(一体あの連中は..)

背後からウォッカが来る「探偵ごっこはそこまでだ!」新一をバットで
気絶させる。ウォッカ「こんなガキにつけられやがって!」
ジン「あの探偵じゃないですか兄貴、やっちまいますか!」
ウォッカ「ひっこめろ、サツがまだうろついてるんだ。
こいつを使おう、組織が新開発した毒薬をな!死体からは毒が
検出されないっていう代物だ。まだ人間には試した事は無い
試作品らしいがな..(新一に飲ませる)あばよ、名探偵」
去る2人。新一(体が..熱い!骨が溶けてるみてえだ..駄目だ!)

エンディングの後
警官達「おーい、誰か死んでるぞ!」「何だと!」
新一(ハハ..やっぱオレ死んじまったのか)警官「いや、まだ息が有る」
「救急車だ!救急車を呼べ!」新一(生きてる?そうかあの薬人間には
効かなかったんだ)警官「オイ、しっかりしろ!立てるか、坊や?」
新一(ぼ、坊や?)「え?」小さくなった新一(コナン)。

第1話終わり-戻る

(おまけのその後)小さくなった新一は逃げ出しショーケースに
写った姿で自分に驚く。阿笠博士に何とか信じてもらい、
自分の家に入るが「生きていると知られるとまた殺しにくる」
という事で正体を秘密にする。そこへ蘭が登場。あわてた新一は
急いでメガネを出してレンズをはずして付け、子供のふりをする。
名前は?と聞かれ、背後のあった小説家の名前から「江戸川コナン」
と名乗る。そして黒ずくめの男の正体をさぐる為、探偵事務所の
蘭の家に居候し小学生として暮らす事に。